【同時運営】Tiktokerまとめブログはコチラ

YouTubeで学ぶ絶対に真似してはいけないダーウィン賞

YouTubeで学ぶ絶対に真似してはいけないダーウィン賞

今回は真似すると死んでしまう危険な行為ついて学びます

こんにちは!ためになるYouTubeまとめブログ管理人のゆーくんです。

皆さんノーベル賞…ではなくダーウィン賞という大変不名誉な賞をご存知でしょうか?進化論者であるダーウィンにちなんで名づけられた皮肉の「名誉」であり、愚かな行為により死亡する、もしくは生殖能力を無くすことによって自らの「劣った遺伝子を抹消」し、「人類の進化に貢献した」人物に贈られる賞の事です。今回は何故そんな事をしたのか理解に苦しむダーウィン賞受賞者の行動について解説していきます。

※残酷な描写がございますので苦手な方は他記事へ移動お願い致します。

YouTubeで学ぶダーウィン賞30選

YouTube詳細
  • 【引用/出典】なんちゃらの箱庭
  • 【投稿日】2020/10/16
  • 【概要】ダーウィン賞の受賞者の中から30選を動画制作者調べのデータから抜粋

YouTubeに関連した商品はコチラ


人類がもっと賢く進化するには?ばかなことをする人が減ればいい。勝手にいなくなってくれればもっといい!これがダーウィンも真っ青の、現代の新化論だ。世界中から集められた「ダーウィン賞」受賞者は、とてつもなくおろかなことをして、あの世に直行した人ばかり。彼らの究極の自己犠牲なくして、人類は進化できない…のか?インターネットで火がついて、あっという間に全米ベストセラー。いままで読んだことがない「科学的ブラック・ユーモア」。さあ、人間が進化する様子を笑い飛ばそう。「恋人にいいところを見せようと彼女の前でロシアンルーレットをした男」「ガラスの強度を証明しようとして24階の窓ガラスに体当たりし、突き破った男」など、世界中から集められた169の傑作エピソードを収録。

ダーウィン賞前半10選をご紹介!

  1. 【アメリカ】商品を盗もうと自動販売機の上に乗ったが機械が倒れその下敷きになって死亡
  2. 【アメリカ】乗用車にジェット機離陸補助機器を装着して高速道路を走行したところ車が離陸し高さ約38メートルの崖の壁面に激突
  3. 【ポーランド】男らしさを誇示しようとチェーンソーで自らの首を切断
  4. 【アメリカ】女にペニスを切断されたと主張していたが実は自分で切断していた男
  5. 【アルゼンチン】バルコニーから投げ落とした端が電線に引っかかっているのを見て自らも飛び降りそのまま地面に激突して死亡
  6.  【イスラエル】時間を取り違えて時限爆弾を設定し運搬中に爆死した3人のパレスチナ人テロリスト
  7. 【アメリカ】シャチと泳ごうと夜中に水族館のプールに忍び込み水中に引きずりこまれ死亡
  8. 【アメリカ】木材製材機が詰まっていたので電源を入れたまま直しに向かい解決し次の瞬間機械に巻き込まれ死亡
  9. 【フィリピン】ハイジャックに失敗し飛行機から脱出するもパラシュートが開かず死亡。乗客全員無事
  10. 【オーストラリア】安全講習ビデオ撮影の際速度の出しすぎとシートベルトの着用により投げ出されて死亡

ゆーくん

安全講習ビデオでなぜシートベルトをしなかったのか…逆に最強の教材になってしまったのが切なすぎます。あとシャチはヤバイ、夜中の暗いプールに入る度胸がスゴイ。

ダーウィン賞中盤10選をご紹介!

  1. 【アメリカ】電流が流れる電気柵を自作その付近でトマトを栽培し収穫しようとした際に冊に触れて感電死
  2. 【アメリカ】自分が虐待していた10歳の息子に包丁持たせ「俺が憎いなら刺してみろ」と挑発し刺された男
  3. 【アメリカ】走行中の列車を弾き飛ばそうと踏み切りに突っ込み弾き飛ばされ死んだドライバー
  4. 【ガーナ】呪術的なローションを2週間使用した後不死身になったことを確認するため友人に自らを撃たせ死亡
  5. 【アメリカ】アスファルト溶液のタンク内で明かりのためガストーチを使用し引火して爆死
  6. 【メキシコ】天井から生えている巨大クリスタルを盗掘しようと試みたがクリスタルの下敷きになり死亡
  7. 【アメリカ】車で走行中にブレーキがきかなくなり同乗者を見捨て車から脱出し頭を強打して死亡した運転手。同乗者は無事。
  8. 【クロアチア】手榴弾をオモリに用いた煙突掃除の器具を制作中爆発して死亡
  9. 【ベトナム】古い雷管が起爆しないことを証明するため口に加えた上で友人に電線を繋がせたところ爆発して死亡
  10. 【スイス】陸軍中尉が個人的に思い立ち急襲訓練を隊員に行うも驚いた隊員に射殺される

ゆーくん

全体的理解不能ですが、手りゅう弾をオモリがわりに利用するのが特に謎…ペットボトルとか何かオモリに変わる代用品は無かったのでしょうか

ダーウィン賞ラスト10選をご紹介!

  1. 【アメリカ】シェリー酒で浣腸してアルコール中毒で死亡
  2.  【ブラジル】デッキチェアに1000個の風船を取り付けて飛び立ったが遺体となって発見された神父
  3. 【ベルギー】ATMを破壊しようとダイナマイトを使用し建物の崩落に巻き込まれて死亡した窃盗犯
  4. 【アメリカ】自慰をしながら車を運転していた男カーブで横転し車外に放り出されて死亡
  5. 【日本】冬の富士山に軽装備で登山、生配信しながらアイスバーンで足を滑らせ死亡
  6.  【アメリカ】ブービートラップを自宅に設置し自身が罠にかかり死亡
  7. 【インド】先住民族の島に一方的に立ち入り殺害された自称宣教師
  8. 【韓国】電動車いすでエレベーターの扉に体当たり。そのまま扉を破壊して落下し死亡
  9. 【アメリカ】服がガソリンまみれでタバコに火をつけようとして引火し焼死
  10.  【メキシコ】滑走路上で着陸する小型機の翼に頭を打って死亡

ゆーくん

建物が崩壊するほどのダイナマイトをATMを壊すためにに利用するとは…恐ろしすぎます。風船の件は夢とロマンに溢れていて笑い飛ばしにくいですね…。

YouTube STUDY POINT!!

YouTubeで学ぶ絶対に真似してはいけないダーウィン賞 まとめ

 

それでは今回のまとめです。

今回はとんでもないミスで不名誉な死に方をしてしまったダーウィン賞受賞者について解説しました。理解不能なものが大多数ですが、中には判断を間違えたであろう残念なパターンもございました。人間誰しも極度の興奮状態になると正常な判断が取れなくなってしまいます。取り返しのつかない事態にならないように常日頃から困った時は、一度深呼吸をし、冷静になり、次にどう動くべきかを考えて行動できるよう今回の事例を反面教師としていきましょう。

一般的に人間の怒りが最も熱を帯びる秒数は6秒間と言われております。イライラがMAXになる6秒間。
ここさえ乗り切ればその後は冷静になり落ち着いて行動ができます。ぜひご自身で「合言葉」でも「一人しりとり」でも構いません、6秒間をやり過ごすテクニックを身につけておきたいですね!

あわせて読みたい記事

YouTuberから学ぶ危険な猛毒をもつ生物YouTuberから学ぶ「猛毒をもった危険生物」ランキング

ゆーくん

意外と知らない猛毒を持った生物。うっかり触って絶命…とならないようこちらも学んでおきましょう

今後もためになるYouTubeを様々な角度から探し出し、皆様にご紹介します!
それではまた。