読み方の思い出せない漢字は手書き入力を活用しよう【iPhone便利機能】

iPhone

この漢字、読み方なんだっけ

文字入力は読み方がわからないと打つことが出来ません。
そんな時は手書き入力が大変便利です。

手書き入力の設定方法

設定⇒一般⇒キーボード⇒キーボード⇒新しいキーボードを追加⇒繁体中国語字-手書き を追加
これで下準備はOK
文字入力画面で地球儀マークをタップ、入力方法を切り替えると手書き画面が登場します!

※音楽が流れます、ご注意ください

いかがでしょうか、手書きの内容が多少間違っていても予測に候補が現れるので
完全に書き込む必要はありません。
普段は中国語を設定することは無いと思いますが、こんな方法で活用することも出来る!といった裏技でした!

↓iPhone画面操作でよく登場する言葉↓

  • 軽く1回タッチする=「タップ」
  • タップしたまま画面上をスライドさせる=「ドラッグ」
  • タップした位置から違う方向へはじく=「スワイプ」
  • 2本の指で同時にタッチして拡大や縮小を行う「ピンチイン」「ピンチアウト」

スポンサーリンク

本体代の支払いが終了している方もまだの方も
スマホの支払いが月額5000円以上の方は見積もり取得の価値ありです!
Y!mobile正規代理店!お得な特典付きの「ヤングモバイル」!

既に月額が5000円以下であれば、本体だけを切り替えませんか!
ほぼ未使用品などお宝に巡り合えるかも!?
未使用品や中古iPhoneを探す

注)この動画解説はios13.1.3 iPhoneXS MAX or iPhone7 を用いて撮影しております。
ご利用の機種、OSバージョンによっては動作が異なる場合が御座います。