はじめにお読みください【特典あり】

中田敦彦のYouTube大学個人的神回BEST3!!

中田敦彦のYouTube大学個人的神回BEST3

今回は感動するスピーチ力を学びます

こんにちは!ためになるYouTubeまとめブログ管理人のゆーくんです。

チャンネル登録300万人越え!大人気Youtubeチャンネル「中田敦彦のYouTube大学」に投稿された動画の中から、筆者が感動したものBEST3を発表します。これから見ようと思っていた方は入門用として、既にマニアの方は改めて素晴らしい回を振り返りましょう。

YouTuberマイスターが選ぶ中田敦彦のYouTube大学神回「フェルマーの最終定理」


YouTube詳細
  • 【引用/出典】中田敦彦のYouTube大学 – NAKATA UNIVERSITY
  • 【投稿日】2020/04/29
  • 【概要】数学界の天才フェルマーが後世に残した難問「フェルマーの最終定理」に挑んだ学者達の運命をドラマチックに語る回

YouTubeで登場したサービス・商品


言葉にしようのない、美しい瞬間でした。
数学界最大の超難問はどうやって解かれたのか?3世紀にわたって苦闘した天才数学者たちの挫折と栄光、証明に至るまでを描く感動の人間ドラマ。17世紀、ひとりの数学者が謎に満ちた言葉を残した。「私はこの命題の真に驚くべき証明をもっているが、余白が狭すぎるのでここに記すことはできない」以後、あまりにも有名になったこの数学界最大の超難問「フェルマーの最終定理」への挑戦が始まったが――。天才数学者ワイルズの完全証明に至る波乱のドラマを軸に、3世紀に及ぶ数学者たちの苦闘を描く、感動の数学ノンフィクション!

YouTube感動ポイント

YouTubeでSTUDY

世代を超えて難問に挑む人類の尊さ

  • 自分の世代では解き明かすことが出来なくても、いつか人類が答えを手に入れる事を期待している美しさ
  • 自分の命に終わりが近づいていようとも情熱を途切れさせることなく研究に没頭する美しさ
  • いつの時代にも天才は生まれる。途切れる事はない。

それが何の役に立つかは分からない、ただ挑むことに意味がある

  • フェルマーの最終定理が実際の社会で何の役に立つかどうかは、誰も考えていない
  • 人類最難の問題に挑むことにやりがい、生きがいを感じている
  • 1つ正解に近づけば1つ違う部分が崩れる、それでも進んでいる事を信じて取り組む

1つの事に人生をかける程没頭出来る事は幸せなのか

  • 夢が無い、やりたいことが見つからない。これらを仮に不幸とするならば、例え問題が解けなくとも人生を情熱を持って過ごした彼ら挑戦者は幸せだったと呼べるのか
  • 数学という題材ながら人生哲学にも考えが及ぶ傑作

ゆーくん

フェルマーの最終定理を解き明かした時、アンドリューワイルズは「寂しい」と言ったそうです。最高のオモチャであり親友であった問題が旅だった。寂しいという一言に300年のドラマの集大成が表れていて、感動しました。
中田敦彦締めの一言
現在進行形の人類の天才の格闘、チェックして見たくなったと思います。数学は決して何の役にも立たない学問ではない。魅了してきた根源的な美しい学問である。証明完了。

 

YouTuberマイスターが選ぶ中田敦彦のYouTube大学神回「夏目漱石/こころ」


YouTube詳細
  • 【引用/出典】中田敦彦のYouTube大学 – NAKATA UNIVERSITY
  • 【投稿日】2019/06/22
  • 【概要】誰もが一度は聞いたことあるが物語の内容を把握しきれていないであろう名作小説「こころ」を登場人物になりきり、名演する回

YouTubeで登場したサービス・商品


『吾輩は猫である』を1905年に発表し、文壇に登場してから絶筆となった1916年の『明暗』まで、10年余りの作家活動で人生を深く考察した夏目漱石。その読み手として著名な直木賞作家・出久根達郎氏が、「漱石の作品のすべてが人生を論じている」として選んだ随筆、講演、書簡などから、人間と人生を凝視した警句と人生訓を読み取る。(講談社学術文庫)

YouTube感動ポイント

YouTubeでSTUDY

主たる登場人物は3名、シンプルな中に深く絡み合う心模様の描写が凄まじい

  • 上中下の3冊構成の本書「先生と私」「両親と私」「先生と遺書」の3部構成でそれぞれの感情を深く描写する名作
  • 恋愛小説ではなく、本質は生と死を扱い、さらに時代の節目を生きる人間の困惑や不安を映し出している
  • 後悔という感情は様々な心の動きの中で最もつらく、救い出す事が難しいものだと知る

夏目漱石は「こころ」で何を伝えたかったのか

  • キーとなるのは「乃木希典の切腹による自殺」
  • 切腹を当時の人間は肯定する派と否定派に別れた
  • この意見が分かれる事がこれまでの日本の道徳が終わり、新しい思想が始まったことを指す
  • この作品は夏目漱石が明治時代に区切りをつけるために生み出した作品である
  • この時代の変革を受けてあなたたちはどう生きるのか?を皆に問いている

 

中田敦彦締めの一言
この動画を20年30年後に見た人が、この動画で僕が説明していること自体が「何を言っているかわからない」というような時代が来るかもしれない。時代も道徳も正義もそして人間の美徳も移り変わっていく、ということをたった一冊で突きつける名作なのではないでしょうか

 

YouTuberマイスターが選ぶ中田敦彦のYouTube大学神回「三国志」




YouTube詳細

YouTubeで登場したサービス・商品


『三国志』は、横山光輝による日本の漫画。1971年から1987年まで、潮出版社『希望の友』『少年ワールド』『コミックトム』に連載された。単行本は全60巻が潮出版社から発売されている。近年も、カジュアルワイド、愛蔵版などの形でたびたび再版されている。2020年5月時点で累計発行部数は8000万部を突破している。

YouTube感動ポイント

YouTubeでSTUDY

圧倒的書き込み量、ホワイトボードを埋め尽くす資料

  • なぜ三国の戦いが始まったのか、そして最後の勝ち残ったのは誰なのか。通常1ページでは語ることが不可能なボリュームを驚異の要約力でまとめあげたホワイトボードが凄まじい。
  • 10名を超える登場人物を演じ分けて進む映画のような展開
  • 中田敦彦のYouTube大学の魅力が凝縮されていると言って過言ではない回です
  • 笑いあり、感動あり、最後には学びあり

諸葛亮公明の死に感動する

  • 数々の戦略で不利な状況を覆してきた伝説の戦略家
  • 戦いの中で戦友を次々と失う
  • いよいよ司馬懿に襲撃され絶体絶命になり、城をあえて全開放し、一人で琴を弾くという「空城の計」を行い一命をとりとめる
  • 劉備の意思を継ぎ、仁義だけで6度も敵国に攻め入る
  • 孔明の最後は度重なるストレスによる死。戦に負ける事はなかった

 

中田敦彦締めの一言
(魏呉蜀の将軍全て死んでしまい、最後に統一したのは後から参加した魏の軍師だったことに対して)諸行無常ですよ、これだけの事がありながらなんでこうなっちゃった。そしてどれだけ悪役がいました?省いてこの数ですから、まだまだ奥が深いんです。三国志、今回面白いと思った方は隠れたスーパースターがまだまだたくさんいます。ぜひ調べてみて下さい。

中田敦彦のYouTube大学個人的神回BEST3まとめ

それでは今回のまとめです。
中田敦彦のYouTube大学から今回は

  • フェルマーの最終定理
  • こころ
  • 三国志

の3本をご紹介しました。この他にもおススメしたい動画は山ほどありますのでまた次回お届けしようと思います。楽しく学べる。エンターテイメント×教養。そして喋り一本、ホワイトボード1枚で完結する潔さ。しびれますよね。これからも活躍を期待していましょう!

あわせて読みたい記事

参考 中田敦彦のYouTube大学記事まとめユースタ!!

ゆーくん

当ブログで紹介した中田敦彦のYouTube大学関連の記事まとめです

今後もためになるYouTubeを様々な角度から探し出し、皆様にご紹介します!
それではまた。