スティーブ・ジョブズの名言から学ぶ時間の価値とは

名言 要約 解説

今回の名言解説はスティーブ・ジョブズ

スティーブン・ポール・“スティーブ”・ジョブズ(Steven Paul “Steve” Jobs) 、1955年2月24日 – 2011年10月5日)は、アメリカ合衆国の実業家、作家、教育者。 アップル社の共同設立者の一人。アメリカ国家技術賞を受賞している。出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

略歴

  • 1976年「アップルコンピュータ・カンパニー」を創業
  • 1977年発売アップルコンピュータ「Apple Ⅱ」において商業的な成功を収める
  • 1982年タイム誌の表紙を飾るなど若くして著名な起業家となる
  • 1984年Macintoshの販売不振から社内の地位を落とし翌1985年閑職、アップルを去ることとなる
  • 退職後、ピクサー・アニメーション・スタジオを設立
  • オペレーティングシステム(OS)NEXTSTEP開発、アップルへの復帰、マイクロソフトとの提携、アップル業績回復など目まぐるしい活動を行う
  • 2003年アップル社の業務範囲を従来のパソコンからデジタル家電とメディア配信事業へと拡大させた。この年膵臓がんと診断された
  • 2011年56歳没

時間に関する発言まとめ

  • この地上で過ごせる時間には限りがあります。本当に大事なことをできる機会は、二つか三つくらいしかないのです。
  • 一つのことを、一生やり続けられると確信する日がくる。
  • 人は、生まれ、ほんの一瞬生き、そして死ぬんだ。ずっとそうだ。
  • 未来を見て、点を結ぶことはできない。過去を振り返って点を結ぶだけだ。だから、いつかどうにかして点は結ばれると信じなければならない。
  • もし今日が人生最後の日だとしたら、今やろうとしていることは本当に自分のやりたいことだろうか?
  • 墓場で一番の金持ちになるなんて、何の意味がある?夜、今日は最高だったと言って眠りにつく。私にはこっちの方が重要だ。
  • 何か一つのことを成し遂げた、と思うなら、次に進め。安穏としていてはダメだ。次は何かを見つけるんだ。




解説

時間は目に見えない、人と比較も出来ない。残量も図れない、誰一人コントロールも出来ない、そんな存在です。
何にどう使うか、全ては自分の行動次第です。一見意味の無いように思える事も、最短距離ではない行動も、振り返って見ると意味を持ち、それぞれがリンクして行きます。
このアクションが無ければ、その後のこの出会いも無かった。
一生をかけてやり続け、追いかけるべきものがいつか見つかるまで、次に進み続ける。
そうして一瞬の出会いと、何気ない経験を、全て大切に考え、寝る前に噛みしめることが出来れば。きっと

今日が人生最後の日だとして、人生最良の日であると胸を張って誇れるでしょう。

心の成長曲線は死ぬ1秒前まで下降することなく生涯伸び続ける。
そんな人生を送る為に、上記名言を心に刻んで毎日を懸命に生きていきたいですね!

以上、時間に追われる現代社会で特に大切にしたい「時間」に関する名言をお送りしました。