松岡修造の名言から学ぶ「メッセージは限りなくシンプルにすべき」について

名言 要約 解説

今回の名言解説は松岡修造

1967年11月6日、東宝の名誉会長の父と元宝塚歌劇団の母の次男として生まれる。
慶應中等部在学中に米国のオレンジボウル選手権で優勝するなどテニスの才能を開花。
1984年にインターハイを制覇し、1986年に父の反対を押し切りプロへ転向。
1988年から本格的にツアー大会に出場。同年、全豪オープンで予選を勝ち上がりグランドスラム初出場を果たすなど活躍し、世界に通用する日本人プレイヤーとして注目を浴びる。1992年にはATPツアーシングルス優勝を達成。世界ランキングでも自己最高の46位を記録した。
1998年に現役を引退し、スポーツキャスターや日本テニスの強化、発展に尽力している。 出典:Wikipedia

シンプルでインパクトのある名言

  • 涙よりも、血よりも、汗を流していたい
  • 家族は史上最強の味方だ!
  • 真剣に考えても、深刻になるな!
  • 反省はしろ!後悔はするな!
  • 緊張してきた。よっしゃあ!!
  • 人間熱くなったときがホントの自分に出会えるんだ!!
  • 勝ち負けなんか、ちっぽけなこと。大事なことは、本気だったかどうかだ!
  • みなさん、しっかりしたお礼出来てますか
  • スポーツの世界に “絶対” はない
  • 自分に頑張れって言える奴は強いよ!!
  • 一所懸命生きていれば 不思議なことに疲れない




解説

メッセージは結論から話すこと。出来る限りシンプルに話すこと。
ことビジネスの分野において、結論から先に述べる手法はもはやマナーの領域と呼べるほど定番化しています。
色々伝えたいことがありますが、一言だけ皆さんにメッセージを送ります。
このような発言の後に「シンプルでパワーのある言葉」を届けることが出来れば
周りの方のモチベーションコントロールに大きく役立つことでしょう。

インパクトのある言葉を必要とする時=トラブルやイレギュラーが起きた場面であることが多いです。

未経験の分野に着手
トラブル処理に立ち会う

など。
こんな時には是非上記名言を思い出して、明るく前向きに落ち着いて行動しましょう。
誰だって緊張はします!でも緊張が無い人生に成長はありません。
失敗は問題なし。それを後悔している暇はない。いつでも味方はそばにいます。
くよくよせず次のチャンスを取りに行きましょう!


ではまた。