アインシュタインの名言から学ぶ常識を覆すモノの考え方とは

名言 要約 解説

今回の名言解説はアルベルト・アインシュタイン

アルベルト・アインシュタイン(1879年3月14日 – 1955年4月18日)は、ドイツ生まれの理論物理学者である。
特殊相対性理論および一般相対性理論、相対性宇宙論、ブラウン運動の起源を説明する揺動散逸定理、光量子仮説による光の粒子と波動の二重性、アインシュタインの固体比熱理論、零点エネルギー、半古典型のシュレディンガー方程式、ボーズ=アインシュタイン凝縮などを提唱した業績で知られる。それまでの物理学の認識を根本から変え、「20世紀最高の物理学者」「現代物理学の父」とも評される。光量子仮説に基づく光電効果の理論的解明によって1921年のノーベル物理学賞を受賞。 出典:Wikipedia

略歴

  • アインシュタインは1879年3月14日、ドイツ南西部のバーデン=ヴュルテンベルク州ウルム市にて生まれた
  • 1895年、スイスの名門、チューリッヒ連邦工科大学を受験するも総合点が合格基準に足らず失敗。しかし同校の校長は、アインシュタインの数学と物理の点数が最高ランクだったため、いくつかの条件を設定した上で翌年度の入学資格を与えた
  • 1901年、スイス国籍を取得
  • 1902年、友人のマルセル・グロスマンの父親の口利きで、ベルンのスイス特許庁に3級技術専門職(審査官)として就職した。
  • 1903年1月6日、アインシュタインは結婚し、アーレ川の近くにあるアパートで暮らす。翌1904年には長男ハンスを授かる。
  • 1905年、26歳のときに3つの重要な論文を発表する。この1905年は「奇跡の年」とも呼ばれている。「奇跡の年」およびそれに続く数年で、アインシュタインは「光量子仮説」「ブラウン運動の理論」「特殊相対性理論」に関連する五つの重要な論文を立て続けに発表した。
  • 1907年、有名な式E=mc²を発表。
  • 1909年、特許局に辞表を提出。チューリッヒ大学の助教授となる。この年には彼の生涯で初となる名誉博士号がジュネーヴ大学より授与された。
  • 1916年、一般相対性理論を発表。
  • 1917年、肝臓病や黄疸といったいくつかの病がアインシュタインを襲う。
  • 1935年、ボリス・ポドリスキー、ネイサン・ローゼンとともにアインシュタイン=ポドルスキー=ローゼンのパラドックスを発表する(量子力学と相対性理論の矛盾)。また、アメリカでの永住権を申請、取得する。アメリカ国籍も申請。
  • 1945年、広島市への原子爆弾投下報道に衝撃を受ける。9月2日に第二次世界大戦終結。連合国の一員であるアメリカは戦勝国となったが、アインシュタインは「我々は戦いには勝利したが、平和まで勝ち取ったわけではない」と演説する。
  • 1955年4月11日、哲学者バートランド・ラッセルとともに核兵器の廃絶や戦争の根絶、科学技術の平和利用などを世界各国に訴える内容のラッセル=アインシュタイン宣言に署名する。4月13日、建国7周年を迎えるイスラエルと同国国民へ寄せるラジオ放送に関する打ち合わせ後、心臓付近の痛みに倒れる(腹部動脈瘤の肥大)。
  • 4月18日の午前1時すぎ、入院先のプリンストン病院で死去(満76歳没)。

常識を覆す名言

  • 創造力は知識よりも重要だ。知識には限界があるが、創造力は世界を覆う。
  • 偉大な精神を持つ人々は、平凡な人々から強い反発を受けるのが常だ。平凡な人というのは、過去の慣習に盲目にならず、勇敢に意思表示する人々のことを理解できないのだ。
  • 重要なのは、疑問を持ち続けること。知的好奇心は、それ自体に存在意義があるものだ。
  • 失敗したことのない人間というのは、挑戦をしたことのない人間である。
  • 賢さと愚かさの間にある違いは、賢さには限界があることだ。
  • 私は賢いのではない。問題と長く付き合っているだけだ。
  • この世で最も理解できないことは、それが理解できることであるということだ。
  • 常識とは、18歳までに積み重なった、偏見の累積でしかない。




解説

人類史上最高峰の天才「アインシュタイン」の名言です。
鳥肌が立つほどに大好きな言葉は「賢さと愚かさの間にある違いは、賢さには限界があることだ。」ですね!
天才であるアインシュタインが賢さより無限の愚かさに希望の光を見いだしていたことに驚きを隠せません。
これは常に愚かであり続けろと言った「スティーブ・ジョブズ」にも通じる部分があります。
私たちは全てを手に入れたように考えがちですが実際の所、宇宙の事もこの星のことも1%も理解出来ていないのでしょう。

謙虚であれ、素直であれ、愚かであれこれが偉人に共通する思考回路です。

先人たちの教えを胸に日々成長を重ねていきましょう!





それではまた。